出会い系をやっている女子大生、みんな「メンヘラ彼氏持ち非処女」説

10389496_1570335343189715_874093554636048496_n
セフレ探しに、出会い系サービスのPCMAXをちょくちょく利用しているんですが、

出会う女子大生が、そろいもそろって「彼氏持ち非処女」です。

 

どんなにやさぐれていようが、女子大生は女子大生ですし、実際肌は最高なので、ヤラせてもらえるからにはウェルカムなんですが、

同時に思うのは、女って怖いということ。

 

彼女たちの話を聞いていて怖いのは、どうも彼女たち、彼氏がいなかったら出会い系なんてやっていなかったっぽい所なんですよ。

彼氏の存在がある故に、闇落ちしている感があるというか、何というか。

 

付き合っているという事実にあぐらをかいて、彼女を放置したり、不安にさせたりすると、とんでもないことになるんだなー、と。

出会い系なんていう不真面目の極地みたいなサービスでさえも、女の勉強にはめちゃくちゃなるんですよ。

今回は、出会い系を通して分かったやさぐれJDの行動様式について教えます。

PCMAX(R18)

【怖い】女性って感情的で、情緒不安定な生き物

女性って怖い。

これが出会い系の感想です。

 

ぼくが出会った女子大生たち、みんな彼氏のことは好きみたいなんですよ。

いい加減な気持ちで付き合っていて、彼氏との行為に飽きが来たから、他の男とも身体の関係を持つようになったというわけではないっぽいんです。

むしろ彼氏のことを大好き故に、彼氏に構ってもらえなかったり、放置されたりした時に、異常にメンヘラ化しているくさい。

 

まさに、愛憎入り乱れる、ぐちゃぐちゃな感情というやつですね。

 

彼女たちの浮気、明らかに彼氏への復讐が軽く入っていますからね。

こういう子に女子大生が多いのも、やっぱり大学生には精神的に未熟 or 恋愛経験が浅い子が多いから、メンヘラ化しやすいっていう理由なのかもしれません。

 

ちなみに、自分は高学歴の子とも当たったことがあるので、多分これには知性とか関係ない。

女性ならではの激情なんでしょう。

 

非処女はエロいので怖い

これも出会い系をやってきて学んだことですが、非処女は怖いです。

というのも、非処女って、処女に比べてはるかにエロいんですよ。

 

これ、非処女のほうが性的魅力があるという意味ではないです。

そうではなく、非処女のほうが明らかに性的な欲求が強い、という意味で「エロい」んです。

 

女性がセックスで感じる性的快感は男の比ではないと言うので、その快感を経験済みの非処女が、欲求不満だったり寂しいときに感じる性的衝動には、やはり凄まじいものがあります。

 

出会い系に登録する女子大生、ほぼ全員登録の翌日には退会する説

出会い系にいる大学生には、強い性的欲求と彼氏への不満が合わさった時に、衝動的に出会い系サイトに登録した、という子が多いように思います。

 

「出会い系に登録するような女にまともな女はいない」と言われたりしますが、

正しくは、「出会い系に登録するような女にまともな精神状態の女はいない」だと思いますね。

事実、こういう子たちは、マッチングサイトに現れたと思ったら、だいたい翌日には辞めていきますから。

 

こちらとしては、その瞬間を逃さずに絡め取ることが必要です。

 

淋しさに同情したフリをしたりすると切れられるから怖い

闇落ちして出会い系に登録する子って、けっこう可愛い子が多かったりするんですよ。

だから、こっちとしては、「あわよくば彼氏への不満につけこんで略奪を・・・」なんて考えたりもするわけですが、

下心から同情したりすると、見透かされるのか、切れられたりするから怖い。

「そんなこと(あんたに)望んでいない」みたいな。

 

だから、経験上、そういう時は、黙ってクズ男を演じたほうが100倍いいです。

「そんな男と別れろよ」みたいに。

クズ男でいたほうが、リピートしてセフレ化する確率は全然上がります。

 

クソ上から目線なのが怖い

リピートがある時にはだいたい70%ぐらいの割合でこうなるという経験則がありまして、

それは、一回ヤッた後は、こっちからLINEしても既読すらつかないくせに、

ある日突然「もう一回会ってもいいよ?」みたいな、謎の上から目線でのお誘い(?)があるということです。

 

更に、そのくせ会うと案外甘えてきたりして、しかしまた別れた後に連絡をすると無視、という塩梅です。

これの繰り返しです。

 

つまり、こういう子たちにとって、ぼくは何らかの欲求を解消するための都合のいい道具になっているわけですが、

そこはグッと我慢。

こういう情緒不安定な子たちの前では、基本的に口は災いの元ですからね。

黙っていれば、ヤラせてもらえる。単純でシンプル。

 

怖いとは言え、貴重な存在。それが彼氏持ち非処女

やっぱり、こういう子たちが、淋しさや欲求不満がマックスに達した時に、衝動的に登録するのが出会い系なわけです。

出会い系は、こういう子たちの存在で成り立っているところがある。

 

彼女たちは、女性という生き物の中で、一番セックスしやすい存在です。

でも、一瞬で現れては一瞬で消えていく存在です。

そして、一癖も二癖もある存在です。

ぼくは、そういう彼女たちがやはり、たまらなく好きです。

【必見】女子大生の彼女が欲しい、またはセックスしたいならOmiaiをやれば絶対にできる

恋愛アプリOmiai

彼女を作りたいならば、マッチングアプリ(Omiai)を利用するのは、やはりダントツで効率的です。

若くて可愛い子とセックスしたいだけでも、同様です。

 

まずは、なぜOmiaiをやれば彼女ができるのか、について。

極めて単純な2つの理由があります。

10人同時に口説いても角が立たないのはアプリだけ

 

ひとつめに、マッチングアプリをやれば、たくさんの女性を口説くことができるからです。

一月に10人もの女性とデートできるのはアプリならではでしょう。

あなたは今までの人生で10人に告白し、10人に振られたことがありますか。

きっと、ないでしょう。

アプリでやってみてください。10人口説けば、よほどのダサ男でない限り、99%彼女ができます。

自分を偽ることができるのはアプリだけ

ふたつめに、マッチングアプリをやれば、サークルや社内などのコミュニティ外の女性と会えるからです。

コミュニティ内の女性だと、仕事ができないことや、男のカーストの中でイケてない集団に所属していること等が、簡単にバレてしまいます。

すると、イケてない男は、見事に恋愛対象から外れます。

容赦情けない足切り対象です。

 

一方で、アプリを使えば、自分のことなんて全く知らない相手と出会えるわけですから、いくらでも演じられるし、飾ることができます。

だから、女性から変な色眼鏡で見られることがなくなるわけです。

なぜマッチングアプリの中でもOmiaiを推すのか

真面目な子が多いから。これが理由です。

真面目な恋愛を望んでいる子ほど、チャラ男やヤリモク男を相手にしません。

また、真面目な子ほど股を簡単には開かないので、真面目な子が集まるアプリは、チャラ男のほうから撤退してくれるという利点もあります。

 

チャラ男たちは男からは忌み嫌われますが、事実として、チャラ男は女の扱いに慣れているし、誠実系を演じることが上手な奴もままいるので、強力なライバルになりがちです。

だから、チャラ男・ヤリモク男が極端に少ないということは、競争の激しさに大きく影響します。

Omiaiは女性登録人数がすごく多いわりに、チャラ男・ヤリモク男が極端に少ない。

だから、ここをわれわれは狙うわけです。

単に若くて可愛い子とセックスしたいだけでも、真面目な子の多いOmiaiを使う

セックスしたい場合でも、同様にOmiaiを使うべきだと思います。

息を吐くように女を自然に口説けるチャラ男のような技術がない男は、チャラ男と同じ土俵で相撲をとってはいけません。

必ず負けます。

出会ったその日に股を開くような女を口説いても、負けは必至です。

 

一方で、Omiaiの女性たちは、会ってその日にセックスさせてくれるような子たちではありません。

ちゃんと彼氏になってからでないと、セックスさせてくれません。

確かに、会ってその日に股を開いてくれるような女性に比べて、これは面倒でしょう。

でも、だからこそ、チャラ男はOmiaiにいる真面目な女性を、そしてOmiaiというアプリ自体を、敬遠してくれます。

 

非チャラ男がクオリティの高い子を抱こうと考えるならば、それはワンナイト的な恋愛ではなく、真面目なお付き合いの結果としてのセックス以外にはあり得ません。

だから、結局、真面目な恋愛系アプリであるOmiaiを使うべきなんです。

特に、社会人が女子大生とセックスできるのは、マッチングアプリを通してのみなので、特に若い子狙いならば、絶対にアプリは使うべきです。

恋をしよう

恋愛アプリOmiai (18歳未満は使用不可です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です